屋根のうえ

進行中の現場の写真。

2寸勾配の屋根の上。どこか少し、夏の気配。

津南町

少し前、新潟県津南町に伺って、学生時代にお世話になった方と本当に久しぶりに再会し、4軒しか家のない山深い集落にほぼ自力で建てたという小さな小屋に泊まらせていただきました。

もう15年以上も前から「いつか必ず自分の手で建てるんだ」と仰っていた、地元の木材だけを使った、電気も水道も通っていない手づくりの小屋。

その簡素な「巣」のような佇まいからは、春の美しさも冬の厳しさも全て等しく受け入れ、自然に抗うことを諦めた末の、どこかほのぼのとした気楽さが漂っているような気がして、それはこの地域の集落の古い家たちにも共通する自然に対する構え方であるようにも感じました。

ずいぶん昔、その人に言われた「お前は大工になれ」という言葉。それが自分が手描きの図面や木造の建物に拘る理由のひとつになっている気がしていて、そんな原点を再確認する貴重な機会をいただきました。

写真のこと

このホームページに掲載されている写真のほとんどは、友人の写真家・金田幸三さんに撮影していただいたものです。

金田さんの写真には、たとえ人が写っていなくても、いつも何かの「気配」が写り込んでいるかのようで、僕にはそれがいつも新鮮で魅力的に感じます。

その「気配」の主は、これから建物を使う人かもしれないし、建物をつくりあげた職人さんかもしれないし、撮影者自身かもしれないけれど、もしかするとその場所自体が宿している「時間」とか「過去」とか「記憶」とか、そんなようなものたちがふとした瞬間に写り込んでいるのかな、と思ったりもします。

ホームページのこと

このホームページは、学生時代からの友人の大田暁雄さんに作成していただきました。

僕が普段から良く使っている藁半紙をモチーフに、簡素で手触り感のある素晴しいページをつくっていただきました。情緒的になりすぎず、合理的にもなりすぎず、何事からも距離をとって力を抜いて立っている、そんな大田さんらしいデザインだなと思います。

事務所のロゴも大田さんのデザインです。「ただしま」の母音のAの字の連なりが、どこか山のようにも見えたりして、とても気に入っています。ありがとうございました。

大田さんは現在、雑誌『アイデア』にて「アトラス/生態学的世界観の視覚化」という連載もされているので、ご興味のある方は是非ご覧下さい。

 

ホームページを開設しました。

唯島友亮 建築設計舎 ホームページを開設いたしました。
これから更新していきますので何卒よろしくお願いいたします。

略歴

唯島友亮ただしまゆうすけ|Yusuke Tadashima

一級建築士
社団法人 東京建築士会 正会員
一級建築士事務所 東京都知事登録 第62141号


左の黒帽子です。(写真:金田幸三)

唯島友亮建築設計舎 instagram
instagram.com/tadashima.architects


経歴

1983 東京都生まれ
2006 筑波大学芸術専門学群 卒業(鵜沢隆研究室)
2009 芝浦工業大学大学院建設工学専攻 修了(八束はじめ研究室)
2009- イイヅカアトリエ
2011- 長谷川逸子・建築計画工房
2014- 瀬野和広+設計アトリエ
2017- 唯島友亮建築設計舎

・筑波大学芸術専門学群長賞 受賞
・日本建築家協会 JIA茨城卒業設計大会 最優秀賞 受賞

<前職での主な担当案件>
・涼風の家(イイヅカアトリエ)|『新建築 住宅特集』2011.02月号掲載
・Shiroyama Green Wall(イイヅカアトリエ)|『新建築』2011.04月号掲載
・西馬込テラスコート(長谷川逸子・建築計画工房)|『新建築』2013.08月号掲載
・上高田の家(瀬野和広+設計アトリエ)|『日経アーキテクチュア』2015.09月号掲載
・雪間暮(瀬野和広+設計アトリエ)|『新建築 住宅特集』2018.04月号掲載
その他、住宅やリノベーションをはじめ、
保育所・店舗・オフィス・集合住宅・診療所など、多くの案件を担当。

活動内容

Ⅰ. 仕事について

規模・用途、新築・リフォームを問わず、幅広く活動しています。

住宅に限らず、古い建物の改装や、マンションのリノベーションや内装、店舗や事務所・旅館などなど、用途を問わず設計をしています。また、小さな小屋や部屋の内装、家具や棚のような小規模な計画のご相談も嬉しいです。ご予算についても、ローコストなものであったとしても、できる限りの知恵を絞って工夫を凝らしたご提案をできればと思っています。

地域については、特に関東圏に限った活動をさせていただいている訳ではありませんので、関東圏以外の遠方の地域であっても勿論、喜んでお引き受けいたします。むしろ遠方の地域であればあるほど、伺う楽しみも大きいです。もしお近くに素朴な山や森などあれば、一目散に歩きに行きたいです。

これまでの仕事に興味を持っていただけることが自分としてはまず何よりも一番嬉しいことですので、まだ具体的な時期や場所などが決まっていなかったり、ぼんやりとした相談事だけがあるような場合などでも、メールやお電話などでどうぞお気軽にご連絡ください。

ひとりで営む小さな設計事務所です。ご相談や実際の仕事に際しては、すべて自分自身がやり取りをさせていただき、丁寧にお話を伺い、自分の手で図面を描き、模型をつくり、珈琲をお入れして、敷地にも現場にも自分の足で歩いていって職人さんたちと直接やり取りをする。そんなことを何よりも大切にしています。

堅苦しい形式ばった会話などは正直あまり得意なほうではありませんので、もしもご相談をいただける場合には、まずはざっくばらんに、ゆっくりと気楽なお話しなどをさせていただけたら嬉しいです。


Ⅱ. 費用について

設計監理料については、新築住宅の場合、工事費の 10 %程度をおおまかな目安としてお考えください。
費用の詳細は、ご依頼の内容に応じて協議の上で決定とさせていただいております。建物の規模や工事費が極端に大きい場合や小さい場合などは、それぞれの状況に応じてご相談させていただいております。

また「最低設計料」のようなものは特に設けておりませんので、小さな規模・予算であっても気兼ねなくご相談いただけたら嬉しいです。住宅以外の用途の建物や、リノベーションや改修などに関しては、内容に応じて個別に算定をさせていただいております。

なお、以下の「家の設計から完成までの流れ」にも記載させていただいている通り、最初のご相談からお打合せを経て、初回のご提案をさせていただくまでの間は、設計料などの費用は基本的にはいただいておりません。お気軽にご連絡いただけたらと思います。


Ⅲ:家の設計から完成までの流れ

1. ご相談

メールやお電話にて、ご連絡をいただければと思います。
連絡先は「お問い合わせ」のページをご参照下さい。

2. ヒアリング

ご要望やご相談の概要や、建物のイメージなどについてお話を伺わせて頂きます。また、私のこれまでの仕事内容や建築に対する考え、設計の進め方などについても、丁寧にひとつひとつご説明させて頂きます。土地探し、物件探しからご一緒することも勿論可能です。建築の話ばかりではなく、暮らしや趣味の話など、ゆっくりとお話を出来たら嬉しいです。

3. 初回提案|1〜2ヶ月程度

実際に敷地に出向き、設計に必要な諸条件を確認いたします。その後、法令確認なども行った上で、図面と模型等によるご提案をさせて頂きます。ご提案後には内容をお持ち帰りいただき、じっくりとご確認いただいたうえで、ご依頼頂くかどうかをご検討ください。
(ご相談から初回のご提案終了時までは、費用はかかりません。)

4. 設計監理契約

ご依頼頂けることとなった場合、設計監理契約を取り交わさせていただきます。

5. 基本設計|2〜4ヶ月程度

お打合せを重ねて、具体的な間取りや建物の形などの検討をしていきます。お打合せ内容を受けて間取りなどに随時修正を加えつつ、建物の概要が定まってきたら、基本設計図書として図面にまとめます。

6. 実施設計|2〜3ヶ月程度

基本設計の内容をもとに、家の素材や設備・構造などの詳細についても検討を進め、実施設計図書(積算図書)にまとめます。途中経過などのご報告を兼ねて、この間にもお打合せの機会を設けさせていただきます。図面や模型などを通じて、建物の全体像を細やかにご説明させていただきます。

7. 工事見積|1〜2ヶ月程度

積算図書に基づいて、工務店さんに工事見積を依頼します。見積金額が出てきた後は、金額に応じて適宜仕様変更や減額案などのご提案をさせて頂き、予算調整を行います。予算調整が終わり、内容をご了承いただけましたら、工務店さんとの工事契約となります。

8. 建築確認申請手続|1ヶ月程度

工事見積完了後に建築確認申請手続きを行います。

9. 工事監理|6~7ヶ月程度

週1回程度の頻度で現場定例を行います。工事が設計図通り適正に進められているかなど、施工者との連絡・調整を緊密にとって確認をしていくとともに、お施主様にもご都合に応じて現場定例にご参加いただき、工事の進捗等を丁寧にご説明させていただきます。実際に建物をつくる職人さんたちとお施主様とが気軽に会話を交わせるような機会を、できる限りつくれたら良いなと思っています。

10. 竣工引渡し

工事完了後、各種検査を経て、竣工お引渡しとなります。

(※以上は住宅の場合のおおまかな目安です。用途や規模によって期間や内容は異なりますので、適宜ご相談のうえで決定をさせていただけたらと思います。)

写真:金田幸三

 

お問い合わせ

唯島友亮ただしまゆうすけ建築設計舎 一級建築士事務所
Yusuke Tadashima Architects

住所|〒156-0042 東京都世田谷区羽根木2-17-8-201(羽根木神社社務所2階)
電話番号|03-6379-5227
メール|画面下部のメールフォームをご利用ください。

写真:金田幸三)

メールかお電話にて、お気軽にお問い合わせください。
小さなご相談事やご質問などだけでも構いません。またホームページや掲載誌等の感想などをいただけたりするのも、とても嬉しいです。

メールでのご相談の場合、お問い合わせ内容は以下のフォームにご記入の上、ご送信ください。
(こちらからお返事を差し上げるために、お手数ですがメールアドレスについては必ずご記入をお願いいたします。お電話番号は未記入でも大丈夫です。)

アクセス

唯島友亮ただしまゆうすけ建築設計舎|Yusuke Tadashima Architects

住所|〒156-0042 東京都世田谷区羽根木2-17-8-201(羽根木神社社務所2F)
電話|03-6379-5227
メール|「お問い合わせ」ページのメールフォームをご利用下さい

緑豊かな羽根木の街の、古い神社の境内に面した開放的でのどかな事務所です。

神社の境内には大きな欅の木があり、事務所のある建物を屋根の上まで覆っています。春には桜も花を咲かせ、夏になると窓の外にはセミの声と美しい緑色の景色が広がっています。
道の反対側には大きな古びた給水塔があって、素朴でおだやかな雰囲気のある地域です。最寄り駅は京王線の代田橋駅ですが、明大前駅や下北沢駅、東松原駅などからも徒歩圏内です。

どうぞ是非一度、お気軽にお越しください。

市原の家

この土地をはじめて訪れた時、間口が狭く南北に長い奥行をもった敷地の中を、
北の方角からひんやりと爽やかな風が吹いていて、
その風は南に控える雄大な森へと抜けていっているようだった。

その一方で、台風の時期になるとその風はこの地域特有の暴風へと姿を変え、
住人は皆、固く閉ざされた建物の内側で嵐が去るのをやり過ごすことになるという。
この計画では、そんな刻々と変わる風の様相を中心に据えた家づくりができないかと考えた。

建物の外観は、背後に控える雄大な森を隠すことのないように、
できる限り低い高さに抑えて正対称の切妻屋根をかけ、
前面には道路からの視線と風を受け止めるガランドウのポーチを設えた。
また、ポーチに面する開口部を幅広の木製引戸のみに絞り、
北側の道路から南庭の縁側までを段差のない1本の緩やかなスロープによって繋ぐことで、
南北に線状にのびる風の通り道を建物の中心軸に据えた。

夏の穏やかな日に玄関の引戸があけ放たれると、
視線とともに吹き抜ける風が南の庭へと一直線に抜けていき、
その長い道行きの途中途中に、
天井の低い場所や高い場所、光に満ちた坪庭やそれに面した3つの室がリズミカルに展開する。
移動するたびに生まれるいろいろな距離感や小さな風景が1本の風の道を軸に周囲に広がっていく。
そんな光景を思い浮かべながら、図面を引いていった。

市川の家

千葉県市川の、あるマンションの部屋の改装計画。

窓の外にさんさんと降りそそぐ光を眺めながら、
静かな時を過ごすことのできる落ち着いた明るい空間を、
最小限の要素によってそっとしつらえること。

やわらかな光と風に満たされた窓辺の居場所を
ひとつひとつ丁寧に整えていくことを通して、
暮らしの中のさりげない一瞬を包む、小さな改装のあり方を模索した。

港町の店

房総半島の小さな港町、
朝市で賑わう商店街の一角に佇むお好み焼き店舗の改装。

既存の店舗にあった気さくでのびやかな雰囲気をできる限り残し、
そこに最小限の手を加えることで、
既存のものと新しいものとが適度なバランスを保ちながら、
どこからが新しく、どこからが古いのか分からないような、
心地よい気楽な空間を生みだせたらと考えた。

軒を抑えた板張りの下屋、手作りの暖簾、使い込まれた木製の引戸、
勾配天井の吹き抜けと2階への開口窓、ルーバー天井と正面の黒いレンガ壁。
店先から奥へと順々に配されたそうした要素たちを、一定のばらつきを持たせたまま緩やかに繋ぎ、
過度な統一感や緊張感が生まれないように、新旧の境界をぼかしていくことを心掛けた。

古いものと新しいものの対比を際立たせるのではなく、
それらが曖昧に混ざり合った自然体の空間を周囲のやわらかな環境にそっと馴染ませていくことが、
懐かしさと潮の香りが入り混じるこの港町に相応しい
穏やかでさり気ない改装のあり方ではないかと考えた。

十坪の小屋

のどかな海岸沿いの村に佇む、わずか十坪の小さな平屋。

海にむかって低く軒を下げた片流れ屋根の下に、
最小限の架構で包まれたシンプルな明るい空間を設えた。

梅の農小屋

梅祭りにあわせて、古い神社の境内を
人の集まる休憩場所とするための仮設小屋。

この地域のどこにでもある農業用のビニールハウスの骨組みを活用し、ワイヤーで編んだ小屋の壁に、おみくじに見立てた梅木染めの布を来場者に結んでもらう。

小屋の中では、地元農家の方たちが自前の野菜でつくった手づくりのお漬物を提供し、祭りに訪れる人たちの賑わいと、この地域の人たちの日々の営みの成果とが、淡い梅色に染まったトンネルの中からやんわりと周囲に滲みだすような場所となることを思い描いた。

はじめに

 

いつの時代に誰がつくったのかも分からない、簡素で、古びていて、ありふれて、
でもどこか不思議な存在感を湛えながら、ひっそりと街の片隅に佇んでいる年老いた小さな家。

そんな10坪にも満たない古い平屋の家を借りて、暮らしていたことがあります。

さびた釘でとめられた素朴な板張りの外壁、長押にあけられた無数の画鋲の穴、
手直しの跡がのこる木製の古い建具や窓、まっすぐにたつ柱に刻まれたいくつもの傷の跡、
丁寧に桟がくまれた深い色味の竿縁天井、ペンキが塗り重ねられた台所の壁。

自分が生まれるはるかに前から建ちつづけてきたその小さな借家には、
それをたてた職人さんたちの手の痕跡がいまでも消えずに残っていて、
その上に、家を手直ししてきた人の仕事の跡と、そこで営まれた暮らしの跡が重なることで、
ひとの手の気配と長い時間の影に満ちたおおらかな空間がつくりだされていました。

新しさとスピードばかりが求められ、溢れかえる情報に浮足立ちそうになるこんな時代だからこそ、
どこにでもある古びたものたちの中に今もひっそりと息づいでいる手づくりの知恵と工夫に学び、
寡黙な手仕事の技術にじっと目を凝らしてみることによって、
つくるひとの手と暮らすひとの手がゆるやかに結びついた生き生きとした建築のことを考えてみたい。

建物は人の手がつくる。
そんな当たり前のことを大切にしながら、人の手の記憶を宿し、
それを次の時代へと継承していくことのできる素朴で瑞々しく揺るぎない建物を、
丁寧にひとつひとつ、つくっていけたらと思います。

森の薪小屋

深い森の傍らに建つ、薪を保管するための小さな小屋。

田んぼの中に、あるいは海岸沿いの浜辺にぽつねんと佇む
名もない小屋たちがいつもそうであるように、

この薪棚でも、暮らしの道具を雨と風から守る手づくりのシェルターを
ありあわせの材料と、出来る限りの簡素な方法で、ゆるやかにつくりあげることを目指した。