暮れる

日暮れ近くの、あおく澄んだ緑と、道。

歩く

山のことを誰かに話す時のような言葉で、建築のことを話したい。
雑木林のなかを歩くときのようにしんとした心で、町のなかを歩きたい。

などと考えながら、今日も事務所まで、てくてくといつもの道のりを。

尖塔

暗闇にしずかに消えていく幾何学的なかたち。

流れる

縁側のうえの小さな道。
ふらふらと曲がりながら、なんとかまっすぐ進もうとする、木目の流れ。

建物をつくるひとつひとつの部分や要素が「生きている」感じ。
その感じの、なんとも言えない、良さ。
それを足に触れて確かめたときの、遠い大地の感覚。

晴れ間

雨の1日。
出先から事務所に戻ってきて、2階への外階段をあがったところで、突然の晴れ間。
木々のむこうに、道が眩しい。

緑したたる道。

小川

山と山の谷間。湿った草むらのなか。

この季節は、こんな何でもない場所にも、
水の気配が溢れていて、確かな生命力が宿っている。

ながい年月を経て、すまう人によって磨きこまれ、艶を増した古い家などには、
どこかこれと同じような湿り気を帯びた生命力のようなものが、
空間のなかに静かに息づいているように感じることがあります。

新しい、まっさらなもののなかにはない、何か。

冊子

仕事の合間に、自分の仕事を紹介する事務所案内を兼ねた
小さな冊子の制作をちょこちょこと進めています。まだ試案段階。

普通の封筒に入って、お店にも置いてもらえる大きさで、
手のひらに乗る小さなサイズで、だれにでも気軽に渡せて、
どこにでも簡単に配達できて、気張った感じがなくて、
素朴な紙の質感をもったもの。

多少なりとも、誰かの手の跡が残っているもの。
平凡でちょっとだけ普通でないもの。

そんな冊子(と封筒)がつくれたら良いなあと思い、
のろのろとですが試行錯誤中です。
完成したら、いろいろな方にしれっとお渡ししてみたい。

水のうえに溢れる午前の光。小さな橋。

イヌシデ

まっすぐにたつ木々のなかに、ただひとり斜めに伸びるイヌシデの木。

カバノキ科クマシデ属の落葉高木。
するりと鋭角で、かっこいい幹の質感。

硬質な存在感のある佇まいに思わず惹かれて、そっと幹に触れてみると、
どこか陶器のような、ひんやりとした肌触りでした。